勉強法の本の有効活用法

勉強法の本のイメージ

公式サイトトップ >>無料のネット塾 >>大学受験の勉強法と対策>>勉強法の本 有効活用法|おすすめ大学受験勉強法本と正しい使い方


勉強法の本の有効活用法と
おすすめ大学受験勉強法本


勉強法本の正しい効用と活用法を知り第一志望合格へ!

勉強法の本を有効活用するためまず理解しておくべきこと


みなさんは世の中の一般的な勉強法の本が大学受験勉強に実際にどのように役立つのかについて正確な認識を持っているでしょうか。 一般の大学受験の勉強法本には勉強を効率化させるための果たせる役割に限界があるということをしっかりと認識出来ているでしょうか。 この部分について正確な認識をもって勉強法本を有効活用して行きましょう。

ここでは
(1)一般的な勉強法の本や様々なネット上の勉強法の大学受験における本来的な役割と限界
(2)おすすめの大学受験勉強法本と一般的な勉強法の本との違いと有効活用法
について詳細に解説していきます。

目次

1.勉強法の本の大学受験勉強における効用と限界

(1)一般的な勉強法の本は無駄な勉強を避けるための道具

(2)一般的な勉強法の本を活用する際の注意点

2.おすすめ大学受験勉強法本と有効活用法

(1)勉強法の本には内容と質の面で大きな違いがある

(2)勉強法の本の内容の違い

(3)「受験の叡智」の中で『圧倒的実力』という言葉に込めた隠されたメッセージ

(4)優れた勉強法は受験以後に得ることは不可能

(5)大学入試問題の性質から導かれる勉強法の致命的な現実

(6)受験結果の真実を分析した究極の勉強法の本

(7)おすすめ大学受験勉強法本「受験の叡智」の特徴

(8)本当に優れた勉強法の内容は不変でありブレることは決してない

(9)本当に優れた勉強法を知っている人の特徴

(10)高校の先生方が生徒に勧めてくださっている勉強法本

(11)東京大学の生協にも置かれている勉強法の本




勉強法の本の大学受験勉強における効用と限界


みなさんが勉強法の本を買ったりネット上で勉強法を見たりする場合の大きな目的は受験勉強を効率化させたいからですよね。 では、そもそも受験勉強の効率化とは具体的には何を指すのでしょう?

ここではまず受験勉強を効率化させるためには大きく3つのステップがあるということを明確に認識して下さい。

【受験勉強を効率化させる3つのステップ】
(1)実力レベルごと何をやっていくかの大枠を知る
(2)無駄な勉強をやることを避けることで効率を得る
(3)必要なものを得ることで効率を得る

以上の3つが受験勉強を効率化させていくために必要となる3大要素なのですが、一般の勉強法や勉強法本には(1)において効用がありますが(2)(3)の点で限界があるのです。 以下でこの点を詳しく見ていきましょう。

一般的な勉強法の本は無駄な勉強を避けるための道具


一般的な勉強法本の内容や勉強法としては、問題集・参考書について何を使うか、そしてその問題集・参考書自体の使い方についての説明や解説、さらにはやる気について書かれたものがほとんどすべてだと思います。

これはこれで参考になるものもあります。ただあくまでその勉強法の役割は実力レベルごと何をやっていくかの大枠を示してくれているにすぎないということはしっかり理解しておきましょう。

そうしないと単に問題集や参考書の解説や使い方、さらにはやる気の出し方ということが書かれているにすぎないのに、この方法で勉強すれば劇的に成績が上がります、といった類の言葉に惑わされてしまいます。

世の中の一般的な勉強法の本や勉強法というのはあくまで実力レベルごと何をやっていくかの大枠を示していることに主たる役割があるにすぎないという認識は正しく持ちましょう。

一般的な勉強法の本を活用する際の注意点


一般的な勉強法の本や勉強法には(2)無駄な勉強をやることを避けることで効率を得ることを不可能にしてしまうものがあります。この点は要注意です。

その具体例は、たくさんの問題集・参考書があげられていて実力段階ごと何冊もの問題集や参考書をこなすべき的なことがかかれているものです。

しかし、難関大学に合格するためにもどこの大学に合格するためにもその必要は全くありません。この点は「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をご覧いただくとともに、 このサイトの各科目の勉強法のコンテンツやセンター試験対策の勉強法のコンテンツを参照してください。

ただ、一般的な勉強法本や勉強法について書かれたものからは自分が使おうとしている問題集・参考書のレベルがどの程度のものかを知るためには役立つ面があります。 もちろんどんなものでも信頼できるというわけではありませんのでその点はしっかりと見極めることが前提です。

おすすめ大学受験勉強法本と有効活用法


ここまでは一般的な勉強法の本のお話をしてきました。ここからはおすすめ大学受験勉強法本について解説して行きます。

勉強法の本には内容と質の面で大きな違いがある


前項まで一般的な勉強法の本の内容について解説してきましたが、大学受験勉強法本「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】は一般の勉強法の本と内容と質が全く異なるものです。

この点についてこの本の意図を正しく認識して使っていただかないと宝の持ち腐れになってしまいます。逆にこの本の意図に気づき有効活用されている方からは多くの感謝の声、合格報告をいただいています。

以下では今まで公開してこなかった著書「受験の叡智」の隠された真実とある言葉に込めたメッセージの真意を説明して行きます。

勉強法の本の内容の違い


冒頭で【受験勉強を効率化させる3つのステップ】として(1)実力レベルごと何をやっていくかの大枠を知る(2)無駄な勉強をやることを避けることで効率を得る(3)必要なものを得ることで効率を得る、というお話をしました。

そして一般的な勉強法の本、ほとんどの勉強法の本は(1)実力レベルごと何をやっていくかの大枠を知ることについて書かれているものであるということをご説明しました。

しかし、大学受験勉強法本としておすすめしている「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】は(1)(2)と(3)の一部(人によっては全部を得ることも可能)を得ていただくことを可能としたものです。

鋭い方だけが気づいている事実なのですが、ここに一般の勉強法の本と大きく異なる特性があるのです。この部分に気づいて使いこなすことが出来れば日々の受験勉強が実力に結びついていきます。

この部分については勉強法の本の質という部分に深く関連しますので以下で項を改めて具体的に解説していきます。

「受験の叡智」の中で「圧倒的実力」という言葉に込めた隠されたメッセージ


大学受験勉強法本「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】の中で「圧倒的実力」という言葉を多く使っています。 これは当塾のネット塾やリアル塾の説明の際にも使っている言葉なのですがこれは無用に乱発しているのではなくある重要なメッセージを込めています。

みなさんはこれに気づいていただいていたでしょうか。ここにはものすごく重要な事柄が隠されています。まず講座説明でも用いている以下の図をご覧ください。

圧倒的実力の差

東大や旧帝大、医学部医学科、難関国立に合格することは難しいですよね。 不合格になってしまうのはそこに合格するだけの知識、知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウのが十分でなかったからです。ここまでは誰もが簡単にわかることだと思います。

上図でのの部分に得受験生時代に得られなかったもの、得ていないもの、知らないもの、理解していないものが多々存在しているという事実を示します。

これは上図でのの部分について欠けてしまうものが多々出てしまうという勉強を行ってきた事実を意味します。さらに大学入試に能力の差はないという事実を前提とすると本当に優れた勉強法というものを知らなかった、得ていないという事実を意味するのです。

さらに、たとえ上記それぞれの合格ラインを超えていても、ギリギリ合格の場合や同レベルの他の大学や学部を不合格になっている場合はの部分についても知識、知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウを得るための勉強法を得ていない、知らなかったという事実を意味します。

また、例えば、そもそも医学部医学科や東大理系学部レベルを受験していないのであれば理系科目についてそのレベルに至る知識の本質的な理解、思考、エッセンスの抽出、ノウハウを抽出する方法、優れた勉強法というものをそもそも知らない、正確に捉えることなど決してできないことは説明するまでもないことです。

以上の現実を非常にわかりやすい例でみなさんに問います。東大理三に合格していない人から東大理三合格に本当に必要な勉強法を得ることが出来るでしょうか?これは不可能であることは簡単にお分かりいただけると思います。あなたの志望校がどこであってもそれを『数段』超える実力をつけている人間の勉強法を学び実践することで初めて合格に必要な優れた勉強法を得ることが出来るのです。

優れた勉強法は受験以後に得ることは不可能


受験生時代に一生懸命勉強して得られなかったものをその後に得るなどということはほぼ不可能です。難関大学に合格すること、さらにはその上の旧帝大に合格すること、さらにはその上の東大や医学部に合格することは非常に難しいことだったはずです。それが指導者になったからと言って簡単に覆ることなどありません。

確かに表面的な知識は指導年数を重ねれば得ることはできます。しかし本質的理解やそれを前提とした思考、エッセンス、ノウハウの本当に優れたものの正体は事後的に安易に得られるほど薄っぺらいものではないという現実があります。それを得る過程の勉強法についてもまた然りなのです

大学入試問題の性質から導かれる勉強法の致命的な現実


東大の問題は基礎標準知識の本質的な理解とその使いこなしで合格点を遥かに超える得点を獲得できるように作られています。さらに多くの国立医学部の問題は基礎標準知識の範囲の問題を取りこぼしなく解答できれば確実に合格できます。さらに私立医大であっても難関国立であっても早慶等の私大であっても基礎標準知識の本質的理解を用いて基礎標準知識問題を取り切れば遥かに合格点を超えます。この事実の意味をよく考えてください。

基礎標準知識の本質的な理解とその使いこなしが出来ればどこの大学にも合格できるのです。ということはそれに及ばなかったということは、どの大学でも合格のために必要となる基礎標準知識の本質的理解とその使いこなしの術が足りていない、空白の部分があるという事実を示します。これを勉強法の面から考えてみてください。圧倒的結果を出している人間しか十分に基礎標準知識の本質的理解とその使いこなしの術を網羅的に得る勉強法を知らないということを意味するのです。

受験結果の真実を分析した究極の勉強法の本


以上の受験結果の真実=各教科を大学受験最高のレベルと網羅性を満たして教えることが出来る⇒これによってはじめて優れた勉強法を導き出すことができるという事実を分析して東大理三合格講師槇、東大理二トップ合格講師、優秀な東大文一合格講師が記した大学受験勉強法本が「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】です。 勉強法には質と内容に大きな違いがあるという現実を十分理解したうえで、本当に優れた勉強法の本というものを考えてみてください。

おすすめ大学受験勉強法本「受験の叡智」の特徴


先ほど大学受験勉強法本としておすすめしている「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】は【受験勉強を効率化させる3つのステップ】として(1)実力レベルごと何をやっていくかの大枠を知る(2)無駄な勉強をやることを避けることで効率を得るということと、(3)必要なものを得ることで効率を得るということの一部(人によっては全部)を得ることができるとお伝えしましたがこの部分のご説明をします。

ます(1)と(2)の部分ですが、この部分は受験戦略編と各教科の勉強計画や勉強法の部分で得ていただくことが出来ます。ことにやるべきことを理論的根拠とともにシンプルに示していますので多くの問題集や参考書をやらなければならないと考えている方は必ずご覧いただきたいですし、すでにご覧いただいている方であっても常に立ち返って読み返していただくことで不安から誤った方向に行かないようにして合格へ向かっていただけます。

(3)の部分は一般の勉強法や勉強法の本では書けないことです。その理由は上記でご説明したとおり圧倒的実力者しか知らないことだからです。「受験の叡智」ではこの部分について各教科どのようにエッセンスを抽出していくべきかについて記しています。

これは当塾のネット塾やリアル塾さらには映像講義のご説明として用いている、圧倒的実力者が圧倒的実力に至る各教科の本質的な理解や問題演習・過去問演習の結果を一般法則化・普遍原理化・公式化する方法です。

この部分についての方法に触れていること、触れることができることがお勧めの勉強法の本「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】の大きな特徴なのです。

本当に優れた勉強法の内容は不変でありブレることは決してない


「受験の叡智」を出版した当時、教科書学習の重要性、基礎の理解の重要性ややるべきことを最小限に絞った問題集・参考書の提示をしている勉強法を書いている本やサイトなど知っている限り存在していませんでした。

しかしその後なぜか同じことを言い出す勉強法が増えているようです。でも、表面的には同じことを言っているようで本質的には大きな違いがあります。

それは『「圧倒的実力」という言葉に込めた隠されたメッセージ』の項でご説明した現実は決して覆すことが出来ないからです。

さらに本当に自身で得た勉強であるならばそこにブレが生じたり、優れた勉強法として提唱しているものが変わるなどということはありえないはずです。

勉強法は拝借して行けば表面上いくらでも同じことを語ることが出来ます。しかしながら本当に優れた勉強法というものは『「圧倒的実力」という言葉に込めた隠されたメッセージ』の項でご説明した現実がある限りそこからは決して得られないのです。

当塾は安易な拝借をされることは当塾の意に反するということをここに明記しておきます。またオリジナルな本当に優れた勉強法であるならば決してぶれが生じることなどないという事実も皆さんは是非合格のために理解しておいてください。

本当に優れた勉強法を知っている人の特徴


合格大学に関係なく本当に優れた勉強法を持っている方もおられます。ただし本当にできる人、本物を知っている人というのは自分が経験していない領域や受験していない科目について勉強法や指導を語ろうとしません。なぜかといえばここまでご説明してきたからくりをすべて理解されているからです。

本当に優れた勉強法や指導を得るにはこの部分に着目すると誠実な指導や勉強法というものが得られます。

高校の先生方が生徒に勧めてくださっている勉強法本


「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】はたくさんの高等学校の先生方にも読んでいただいており、「高校の先生から勧められました」というメッセージも多くいただいています。

是非そういう環境にない高校生、受験生のみなさんは第一志望校の合格可能性を上げるため、勉強効率・実力を確実にあげていくために読んでください。

東京大学の生協にも置かれている勉強法の本


「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】は東大の生協にも置かれています。オープンキャンパスや五月祭に行った際には覗いてみてください。ここで購入すると縁起がいいかもしれません。

ここまで読んでくださった方はもうすでにおすすめ大学受験勉強法本の「受験の叡智」ツウになっています。是非うんちくをお友達やお知り合いに語ってあげてください。そしてこの勉強法本の本当の効用を知り徹底的に有効活用して第一志望合格へ向かってください。

「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】▶



※役立ったコンテンツがありましたらお友達や先輩、お知り合いに情報をシェアしてあげてください。以下のシェアボタンを押せば簡単にシェアできます。

Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEで送る
Google+でシェア
はてなブックマーク


◀ 大学受験の勉強法と対策|総論・基礎20選と主要10教科の勉強法 トップページへ戻る


◀ 無料のネット塾 トップページ


◀ 公式サイト トップページ