英語の長文読解対策と勉強法

公式サイトトップ>>無料のネット塾>>大学受験の勉強法と対策 >>大学受験英語の勉強法>>長文読解の勉強法と対策

英語の長文読解を征服するための勉強法と対策


英語の長文読解の勉強法・対策として、大学入試の長文読解問題を時間内に解ききり高得点を獲得するためには多くの英文をとにかく読む必要があるということが言われたりまします。しかしいきなり英語長文をたくさん読んだところで早く正確に内容を取れるようには決してなりません。

大学入試の英語の長文読解問題を確実に時間内に処理し、かつ高得点を獲得するための勉強法と対策について東大理三合格講師槇の実践法を含めお伝えして行きます。

【コンテンツ目次~英語長文読解の勉強法と対策~】

1.英語長文を早く読解できるようにするための方法

2. 英語長文読解の学習の際の視点~東大理三合格講師槇~

3. 英語長文読解で高得点を獲得するための勉強法と対策のまとめ




英語長文を早く読解できるようにするための方法


英語の長文読解対策と勉強法の具体的な話に入る前に、大学受験英語の特徴としてまず、単刀直入に、「自分が読めないものは書けない」「自分が読めないものは聞き取れない」ということが鉄則であるということを常に意識して勉強していってください。読解のレベルをあげれば書けるものも聞き取れるものも増えていく、レベルが上がっていくと言えます。

そして大学入試においては長文読解問題の英文以上のレベルが要求される英作文もリスニングも出題されないということも当たり前ですが大事なことです。ではこの読解のレベル、殊に大学受験英語ではどこの大学でも最重要視されている長文読解について日々の勉強でどう対処していけば効率的に実力をつけていけるかについて事項でポイントを示します。

英語長文読解の学習の際の視点


東大理三合格講師槇の長文読解力をつけるための勉強法

入試問題の長文読解に対応するためには最終的にはそれなりのスピードで英文を読んでいかなくてはなりません。多くの英語を苦手としている方は結局長文を読む時間がない、読み切れない、時間がないために意味が取れずに読んでいってしまうという状態にあります。そこで入試長文に対応するために日々の読解対策として文章を読む際に最も重要なポイントを端的に示します。

『文章を読む際に、日本語訳を頭で考えながら読んでしまうこと』これが時間がかかる大きな原因となります。意識的・無意識的を問わず頭の中で日本語約をいちいち考えながら読んでしまっているという人がほとんどです。まずこの点についてしっかり今の自分の英文の読み方を検証してください。よほど英語が得意という人以外この読み方を多かれ少なかれしてしまっているはずです。

日々の勉強で長文読解の実力を確実にあげるための英文を読む際のコツとして重要なことは、『頭の中で日本語に直して意味を理解するのではなく、英語のまま理解することを目指し、普段長文を読むときに日本語を考えないで読むことを心がける。』ことです。そしてそのために、『英語のままで理解しやすくするためには、単語一つ一つではなく、意味上のまとまりで読むこと』がコツです。これだけではイメージがわきにくいと思いますので、例を示します。

What is important is to keep learning, to enjoy challenge, and to tolerate ambiguity. In the end there are no certain answers.
という文を読むなら、
What is important / is to keep learning / to enjoy challenge / and to tolerate ambiguity. In the end / there are no / certain answers.
と区切ったまとまり毎に意味を解釈します。

What is important、in the endなどのまとまりはそれ以上分解するのでなくそのまま解釈します。文章をこのように区切って、それぞれのまとまり毎の意味を考えるようにして下さい。 これを積み重ねていけば、より大きなまとまりで考えられるようになり、それにより読むスピードは向上するはずです。まずは、いきなり難しい長文を読むのではなく自分のレベルに応じた英文を読むことを心掛けその際にも、それぞれのまとまりで区切ってこれを実践していってください。 これを地道にこなしていくことで最終的には入試問題レベルの長文もしっかりと時間内に必要なだけ読み取れるようになります。

まず、この理論をしっかり理解してください。イメージをしっかり持ってください。そして必ず毎日の勉強で実践していってください。

最終的にある程度の速さで英文を読んでしっかりと意味を取れることが目標です。しかし、英語という科目は一朝一夕に実力がつきません。 確実に段階を踏む必要があります。これを飛ばしてしまう受験生が多いためいくら勉強しても思うように実力が伸びないという弊害が生じやすいのも英語学習の特徴です。 実力にあった適度な難易度の英文にまずなれることが速読力をつけるコツです。いきなり力もないのに長文を読み込むのは時間を浪費し実力がつかない可能性が高いです。 まずは短いもの(1文~段落ごと)を精読して意味が取れるように訓練を繰り返し、徐々に長い文章を読めるようにし、最終的には長文を速読できるまでにしましょう。

以上のように、英語の長文読解、長文問題に対処できる実力を確実につけていくための勉強法としては先に述べた「基本文法・英単語・英熟語の習得」と一文一文の英文を読む力=「英文解釈」の勉強をしっかりと行っていくことが重要なのです。

英語長文読解で高得点を獲得するための勉強法と対策のまとめ


英語の長文読解の勉強法、対策というと一般的には多くの長文を読む、問題集を何冊かやるべきといった勉強法がほとんどだと思います。しかし合格の天使ではそのような多くの長文を読みこむ勉強法を推奨していません。

その理由はその方法は時間だけがかかり本当に得るべきものが明確になっていないから提唱される勉強法であり、本当に得るべきものがえられない勉強法だからです。

このコンテンツで説明しているように「基本文法」「英単語・英熟語」「英文解釈・英文和訳」の勉強をしっかりと行い、あとは入試問題の長文読解に対処するポイントが明確にわかれば多くの長文を闇雲に読みこむ必要などありません。

この観点から長文読解については「最終的には志望校の形式にあった過去問で対策をするのがベスト」なので「問題集や参考書を何周もする必要はない」し教材としても現役生であるならば「教科書や学校の教材で十分」であるし、既卒生でも「自分のレベルにあった(難しすぎず簡単すぎない)問題集一冊で十分(ex「英語長文問題精講 新装版」 「速読のプラチカ―英語長文 (河合塾SERIES―入試精選問題集 3) 改訂版」  「やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)」.等なんでも構いません)」であり「志望校のレベルによってはそのまま過去問演習・過去問分析に入って構わない」のです。(以上著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版から一部抜粋。)

ここでの大事なポイント、注意していただきたいポイントは「英文解釈・英文和訳」の場合と「長文読解の問題」の場合では英文の読み方が異なる点があるということです。これが長文読解に的確に対処するポイントです。この点の詳細は著書「受 験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】増補実践版でしっかりと学んでください。

なお、長文読解問題を最小限の勉強と対策で確実に制限時間内で処理し高得点を獲得する方法を網羅したノウハウを学びたい方は、
WEB個別指導講座
叡学会 東京本校
ミニ・マックスメソッド講義
のページをご覧ください。圧倒的受験結果には一般的に知られていない確固たるロジックとノウハウがあるのです。

英語の勉強法の更なる詳細や各科目の勉強法、受験戦略、受験勉強計画を体系的に学びたい方は「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】▶を是非ご覧ください。あなたの難関大学合格可能性が確実に高まります。



◀ 英語の勉強法|難関大学に合格する大学受験英語勉強法 トップページへ戻る

※今後も英語の勉強法に関するコンテンツを追加して行きます。お友達やお知り合いと適切な情報を共有し切磋琢磨しあうことは、あなたの合格可能性を高めることに非常に役立ちます。以下のシェアボタンを押せば簡単にシェアできます。

Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEで送る
Google+でシェア
はてなブックマーク



◀ 大学受験の勉強法と対策|総論・基礎20選と主要10教科の勉強法 トップページへ戻る


◀ 無料のネット塾 トップページ


◀ 公式サイト トップページ