javascript:void(0);

医学部合格への勉強法と対策

医学部に合格する勉強法

サイトトップ>> 無料のネット塾>> 大学受験の勉強法と対策トップ>> 医学部に合格する勉強法|5教科7科目の対策


医学部に合格する勉強法

5教科7科目の対策

東大理三合格講師30名超・東大トップ合格講師・東大文一合格講師による 医学部に合格する勉強法と対策


医学部合格のための勉強法と受験対策の仕方


医学部合格への勉強法と対策について、東大医学部(理三合格)講師30名超を有する叡学会(株)合格の天使のまとめコンテンツです。 医学部合格を妨げている真実と共に医学部に合格するための勉強法と対策、勉強計画を知ってください。

医学部合格は確かにに難関です。 多くの強者がその壁に跳ね返されるという屈辱を味わうのが医学部受験です。 しかし、この事実を誤って解釈してしまうと勉強法、 受験対策自体が誤った方向に行き合格出来ないということになります。

実際に多くの医学部受験生が誤った対策を取ってしまっているがゆえに不合格になっているという事実があります。

医学部合格のため仁の勉強法や対策を誤って認識してしまっていると的確な対策も指導も得られません。 まず自分の認識が誤っていないかをを含めこのコンテンツを読んでしっかりと検証してください。 このコンテンツでは上記視点を前提に、医学部に合格するための勉強法と対策及び勉強計画の立て方について解説します。

【コンテンツ 目次】

■まず知っておくべき医学部受験対策と入試の現実

1.受験界における医学部合格指導・勉強法の怪

2.医学部に不合格になる原因と的確な対策~勉強法と対策を誤るな~

3.医学部はより的確な対策を取らなければ合格出来ない~難しさの本質を捉え誤るな~

4.医学部合格のために得るべきもの

5.医学部試験問題の2つのパターン

■医学部英語勉強法と受験対策

■医学部数学勉強法と受験対策

1.数学勉強法と対策を東大医学部講師30名超が分析

2.東大「医学部」「理三」合格者30名超の数学勉強法と受験対策

■医学部理科の勉強法と科目選択の方法

■医学部物理勉強法と受験対策

1.物理勉強法と対策を東大医学部講師20名超が分析

2.東大「医学部」「理三」合格者20名超の物理勉強法と受験対策

■医学部化学勉強法と受験対策

1.化学勉強法と対策を東大医学部講師20名超が分析

2.東大「医学部」「理三」合格者20名超の化学勉強法と受験対策

■医学部生物勉強法と受験対策

1.医学部生物勉強法|東大医学部合格講師が教える15項目の対策

2.東大「医学部」「 理三」合格者の生物勉強法と受験対策

■【医学部受験】大学入学共通テストの社会科目の勉強法と科目選択の方法

■医学部に合格する受験勉強計画のポイントと4つのサンプルプラン

■東大医学部講師による鉄壁の医学部受験対策

以後もコンテンツを追加していきます。是非ご覧ください。




まず知っておくべき医学部受験対策と入試の現実


医学部を目指す受験生や保護者様が具体的な受験対策や勉強法を選別する前に必ず知っておいていただきたいことを以下にまとめてあります。 まずは医学部受験対策と医学部入試の現実を知っておいてください。

受験界における医学部合格指導・勉強法の怪


【医学部受験指導や勉強法における謎の論理】

医学部を目指す場合様々な指導や勉強法というものが気になると思います。 この時点で合格して行く受験生とそうでない受験生の大きな差が生じているという事実をご存知ですか?

医学部に合格させますとか医学部に合格する勉強法とかそういったものを皆さんも多く目にすると思います。 でも的確な対策をとって合格して行く受験生はここである疑問を感じます。 皆さんはこういった類のものにちゃんと違和感を感じていますか。

安易に語られる医学部へ合格するための指導、勉強法、もっと端的に指摘すると国公立医学部合格に匹敵する自身の結果がないのに医学部の合格法や指導を云々カンヌンするもの。

これは明らかにまず指導実力が本当にあるのかを疑ってみる必要がある、というのが的確な対策をとって合格して行く受験生が当たり前にできることです。(もちろんすべてのものがおかしいとか不可能ということではなく、まず冷静に客観的に分析することが大事ということです)

受験界ではなぜ医学部対策の指導や勉強法を語るものが多いのか? これは不思議でした。しかしその答えは簡単でした。そこに受験生の関心が非常に高い、だからそれを主張する。これが現実です。

しかし、医学部に合格するための指導や勉強法というのは安易に語っていいものではなく多くの受験生が合格するのに苦労しているものです。

そこには自身が実際に合格したという結果、もしくは医学部合格と同等の結果(医学部でないなら東大理系合格)に達しない限り決して教えることが出来ない高い壁が存在しているのです。

苦労している受験生のことを考えたらそのレベルの結果と指導実力なくして安易に語っていいものでは決してありません。この点に関して安易に語るものに頑張っている受験生のみなさんは憤りを感じて当然です。

医学部を目指す場合まずこの点に注意して的確な対策を取っていってください。

受験界には医学部対策や指導、勉強法を語るものが多いけれどもそこには自身の結果が伴っているのか、それなくして決してあなたの合格と因果関係がある指導など得ることは基本的にできないということは肝に銘じておいてください。

簡単な数字で言うと例えば100名以上の受験生を集めれば中には非常に優秀な受験生も混じります。要するにそれだけでその中から医学部合格者が出る可能性が非常に高まります。しかし、その受験生が例え合格してもそれはその指導とは因果関係があるとは限らないということがみなさんが気づくべき大事なカラクリです。

医学部というのは実際に指導者自身が合格していなければ的確な対策や指導など基本的に導けないという真実はしっかりと理解しておいてください。

医学部合格というのは狭き門です。しかし、この現実を覆し指導者になったとたん実際に合格していないのに誰でも指導できる、勉強法を語れるというのは明らかにおかしな論理であること気づけずして的確な対策は取っていけないのです。

実際にそのレベルの結果を出している人とそうでない人では持っているもの、教えることが出来るものに雲泥の差があるのです。

この点をしっかりとまず認識して、あなたの努力や労力を決して無駄にすることがないようにしてください。あなたの医学部合格の夢を不意にされてしまうことがないようにしてください。

医学部に不合格になる原因と的確な対策


【医学部合格への勉強法と対策を誤るな】

医学部合格を目指す場合、多くの受験生が陥ってしまう罠があります。

それは「合格するのが難しい」⇒「できる受験生での争いになる」⇒「普通のことをやっていたのではライバルに勝てない」という思考です。

ここから導かれるのは何か特殊なことをしなければならないという強迫観念と結論です。 この結果、特殊な対策やそのように謳う指導等を追い求めるようになります。

しかし、不合格の原因はここにこそ潜んでいるのです。 医学部合格が難しい本当の理由はそこにはありません。

どんなに難しい問題が載っている問題集や難しい知識が書いてある参考書を勉強してもあなたの合格は決して保証されません。

医学部受験で求められているのは、大学受験勉強法「合格するための勉強法とは」~大学受験指導のタブーに触れる~のところでも述べたように基礎知識、定理、公式の本質的理解、習得とその使いこなしが出来れば合格できるように作られています。 (この点についての詳細は「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】に詳しく書いていますのでしっかりとご覧ください。)

大事なのは上記の習得過程で本質的な理解を手に入れること、使いこなしの術を手に入れることです。

基礎知識、定理、公式の本質的理解、習得とその使いこなしで対応できない問題など出題されたとしても合否に全く関係ありません。 そのような問題を解けなくても確実に合格できるのです。

まずこの点の認識から改めてください。信じられない方は大学入試の問題の類型化を解説している 「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】をしっかりとご覧ください。

この認識を正確に持つだけでも無用な強迫観念や無駄な勉強、対策をせずに済む=医学部合格へ他の受験生よりも大きく近づけることになります。まずはこの部分の自分の考えを改めることが合格への最強の第一歩です。

医学部はより的確な対策を取らなければ合格出来ない


【医学部合格の難しさの本質を捉え誤るな】

前項では、医学部合格のためには特殊な対策をする必要はないということを述べてきました。

しかし、医学部合格が難しいのは事実であり、どんなに勉強しても合格出来ない人は合格出来ないのも事実です。

この事実をどう捉えるか、この事実の原因を正確に捉えることが出来るか否かが合否のカギを握っているのです。

多くの受験生は難しい問題や細かい知識等に対処できるようにすることが他の受験生に差をつけて合格するための方法だと誤解をしています。

しかし、医学部合格が本当に難しい原因は、「基礎知識、定理、公式の本質的理解、習得とその使いこなしの質の高さと網羅性が高いレベルで要求されること」にあります。

医学部の合否を分けるのは、他の難関大学の合否と同じように、難しい問題を解けるようになることではなく、受験基礎標準とされる知識を如何に使いこなせるか、そしてそのレベルの問題を如何に取りこぼしなく確実に得点できるかです。

医学部ではこの部分のレベルが高いものが要求されるということです。特殊な対策や方法、難問への対策等無駄なことをやっていたらこの部分を徹底的に習得出来ないのです。時間が足りなくなるのです。

わかりやすく言い換えます。

医学部合格するためには、「やるべきこと」「やるべき問題集や参考書」については他の受験生と特別異なるものを用いる必要は全くない。

対策として必要なのは「特殊なことをやる」のではなく、「基礎知識、定理、公式の本質的理解、習得とその使いこなしの質の高さと網羅性」を高めていくことにある。

多くの受験生が勘違い、誤解をしている部分です。

このコンテンツを読んでいただいたあなたは確実に大きな効率とアドバンテージを得ています。

医学部合格に突き進んでください。

医学部合格のために得るべきもの


【医学部の合否を分ける分岐点】

あなたの医学部の合否を分けるであろうものすごく大事なことをお伝えします。

2次試験の問題で得点する必要がない問題=対策する必要がない問題があると言いましたが、受験基礎標準知識、受験基礎標準理論から解答できる問題については医学部を目指す場合可能な限り得点できるように対策することが重要になります。この部分の取りこぼしが無いこと、極めて少ないことが医学部の合否を決する部分なのです。

逆に受験基礎標準知識、受験基礎標準理論を用いて考えても解答の筋道が立てられない、制限時間内に処理することが不可能であるという問題は得点する必要がなくしたがって対策する必要もない問題ということになります。

この部分の見極めをするのは自分だけでは困難な場合が多いです。 また、そういったものがあるということはだれでも言えることであり、本当にそうなのかはしっかりと受験基礎標準知識、受験基礎標準理論から各問題についての分析・検討の説明を受けることによって断定できますし、自分で本番で見極めることが出来るようになります。

何らかの指導を受けている受験生であるならば、自分がわからない問題についてこの部分の検証をどんどん質問しましょう。 「医学部や難関大学に対応する指導をしています」というのなら具体的なあなたの志望大学の過去問についてのこの部分の的確かつ論理的な解説・回答が出来ないなどということはあってはならないのです。

弊社受講生で国公立大学医学部に合格された方は、この部分の対策、見極めを志望校の過去問の具体的な問題の質問回答指導の中から確実に得て合格をつかみ取った方ています。 医学部受験生はこの部分の見極めとそれに応じた具体的な対策が合格には必要になります。

具体的な例を挙げてある問題についてこれを説明すると

1.問題のとっかかり自体の理論が受験数学や受験物理、受験化学の範囲を超えていることの受験基礎標準知識からの理論をもちいたうえでの分析・検証
2.1.でたとえ範囲を超えていても、そのとっかかりの理論を本番で導くことが出来るかを各科目の受験基礎標準知識・理論から検証
3.たとえ2.が可能であっても制限時間を考えると導き出したところでその問題を解答することが可能であるか不可能であるかの分析・検証

以上の過程をすべて受験基礎標準知識から見極めることが出来て初めて得点する必要・対策する必要がない問題ということが言えるのです。

逆に,

一見難しそうだ・過去問集の解説が何を言っているのかわからない、特殊なテクニカルな解答を用いている問題であっても 各科目の受験基礎標準知識・理論の本質的な理解から解答しうるならそれは得点すべき問題ということになります。そういう問題の場合はこの部分の論理的な解説・回答 を得るべきです。

これを実際に各自の用いる問題集・参考書・過去問集を問わず科目・質問数・質問事項無制限のWEB指導・個別指導でご提供しているのが弊社指導ですが、とにかく何らかの指導を受けている方は上記観点を忘れずに自分が出来ない、わからない問題についてこの部分の疑問点を明確にしてどんどん質問してください。(正直なことを言ってしまうとこのレベルの指導を出来る人は限られます。これがこのコンテンツでのところどころでお伝えしている圧倒的結果と実力を持った人とそうでない人の指導実力の差でもあるのですが。)

今回触れたポイント部分をしっかりと押さえた上で日々の勉強を進めること、疑問点についてはどんどん質問すること、そしてまたその環境を整えることが医学部逆転合格・確実合格の肝です。

医学部入試問題の2つのパターン


【入試問題のパターンが違えどとるべき勉強法が変わるわけではない】

医学部の入試問題は大きくわけると2つに分類できます。それは「基礎標準問題だけで試験問題が構成されているパターン」と「基礎標準問題+解かなくてもいい難問で入試問題が構成されているパターン」の2つです。

「基礎標準問題だけで試験問題が構成されているパターン」としては多くの国立大学の医学部の入試問題がそれに当てはまります。「基礎標準問題+解かなくてもいい難問で入試問題が構成されているパターン」としては単科の医科大学や私立大学の医学部、私立医科大学等に見受けられます。

ここで注意していただきたいのは「基礎標準問題+解かなくてもいい難問で入試問題が構成されているパターン」の医学部を受験する場合であっても合格に必要となるのは基礎標準知識であるということ、すなわち基礎標準問題と基礎標準知識から思考して解き得る問題のみで得点できれば合格できるということです。

この部分は決して誤解をしてしまうことがないように今まで述べてきたことをしっかりと読み返して下さい。「基礎標準問題+解かなくてもいい難問で入試問題が構成されているパターン」の医学部を受験する場合であっても基礎標準知識をしっかりと固めるという勉強法を取っていくことが確実合格への道です。

その後各自の志望校の過去問演習・過去問分析で取るべき問題とそうでない問題をしっかりと見分けられるようにしましょう。

この観点を持っていると日々の対策や志望校を選ぶ場合も的確な対策・選択ができるようになります。医学部合格へ向かってください。

多くの医学部受験生の合格が運になってしまっている原因について興味のある方は以下のページをご覧ください。 当塾のネット塾、医学部受験塾の説明ページですが、以下のページには医学部受験指導を分析した事実を包み隠さず書いてあります。 受講云々に関係なく、なぜ医学部に合格することが難しくかつ多くの受験生の合格が運になってしまっているかの真実を知ることが出来ます。

医学部受験のネット塾 ▶

医学部受験塾(リアル塾) ▶

医学部英語の勉強法と受験対策


英語勉強法と対策を東大医学部講師30名超が分析

医学部受験の英語勉強法を解説したコンテンツです。東大医学部講師30名超を有する叡学会(株)合格の天使が医学部合格を期す全国の医学部受験生、医学部志望高校1,2年生に贈る医学部英語の勉強法と対策です。医学部に合格するためには英語で高得点を獲得することが有利になります。そのための勉強法についてしっかり学んでください!

東大医学部(理三)合格講師30名超を有する叡学会(株)合格の天使が全国の医学部受験生、医学部志望高校1,2年生に贈る医学部英語の勉強法です。医学部に合格するためには受験英語で高得点を獲得することが有利になります。その勉強法についてしっかり以下のコンテンツで学んでください。

医学部英語の勉強法や指導を謳う塾・予備校は沢山あります。しかし、多くの受験生が医学部合格に達する実力をつけることが出来ない、同じようなことを勉強しても大きな差がつく、この現実を招いている原因について皆さんは気づいていますか?このコンテンツを読破していただければこの明確な答えを得ることが出来ます。

上記東大医学部(理三)合格講師30名超の中には、慶應義塾大学医学部合格(特待合格含む)、国際医療福祉大学医学部合格(特待合格含む)、順天堂大学医学部合格、慈恵会医科大学合格 、防衛医科大学合格を勝ち取っている講師も多くいます。国公立医学部志望、私大医学部志望を問わず本当に優れたかつ結果に実証された医学部英語の勉強法を手に入れてください。

【医学部】英語勉強法|東大医学部合格者30名超の対策と分析



医学部数学勉強法と受験対策


医学部絶対合格を期す受験生にお贈りする医学部に合格するための数学勉強法と医学部受験対策の無料コンテンツを以下ご紹介します。

数学勉強法と対策を東大医学部講師30名超が分析


東大医学部講師30名超を擁する(株)合格の天使が医学部絶対合格を期す受験生にお贈りする 医学部に合格するための数学勉強法と受験対策。

医学部に受験においては数学を得意科目にできれば非常に有利になります。 数学を得意科目にする方法について、東大医学部講師30名超が分析した医学部数学を攻略するための勉強法と受験対策についてお伝えします。

受験数学はセンスではありません。第一志望の医学部合格へ向かって数学を得意科目に押し上げていきましょう。

医学部数学勉強法と対策|東大医学部講師30名超の分析


東大「医学部」「理三」合格者20名超の数学勉強法と受験対策


東大「医学部」「理三」合格者20名超の数学勉強法を特別公開します。 受験数学を限られて時間で完全マスターしている東大医学部、理三合格者の実際の数学の勉強法と対策から効率的かつ確実な数学勉強法を学んでください。

東大「医学部」「理三」合格者が実践した数学を効率的かつ確実にマスターする勉強法。 数学を効率的かつ確実にマスターするための勉強法についてお伝えしています。 受験数学を限られた受験期で高い次元までマスターした東大「医学部」「理三」合格者の勉強法には、数学を得意科目にするための神髄が隠されています。このコンテンツから是非、数学勉強法の本質を掴んでください。

このコンテンツでは(株)合格の天使が誇る20名超の東大理三合格講師陣の書き下ろし記事と動画を特別公開しています。

数学勉強法|東大「医学部」「理三」合格者20名超の受験対策



医学部理科の勉強法と科目選択の方法


医学部受験において理科科目である物理、化学、生物では出来るだけ高得点を獲得することが合格に結びつきます。 医学部受験において理科科目についての勉強法と科目選択の方法について解説します。 医学部受験の理科科目ににおいて高得点を獲得している東大医学部(理三)合格講師の分析による、 戦略的な勉強法と理科科目選択の仕方です。

医学部を志望する受験生の多くは医学部の合否を決する理科科目である、 物理,化学、生物の3科目の中から多くの場合2科目を選択することになります。

理科科目について、実際にどの科目を選択すべきかは、科目特性、出題特性、得点のしやすさという客観的な性質に加え、志望校の本番でどの程度の得点が必要か、個人個人どの理科対策に時間をさけるか、等様々な要素を考慮して決定するのがベストです。

以下のコンテンツでは、医学部受験においてどの科目を選択すれば効率よく得点できるか、受験戦略上有利かを含め解説し、物理、化学、生物の具体的な勉強法と対策 について解説しています。

【医学部】理科勉強法|物理・化学・生物の科目選択&対策


医学部物理勉強法と受験対策


医学部絶対合格を期す受験生にお贈りする医学部に合格するための物理勉強法と医学部受験対策の無料コンテンツを以下ご紹介します。

物理勉強法と対策を東大医学部講師20名超が分析


医学部受験において理科科目の得点は合否を分けます。 物理選択をした場合、科目特性から物理を得意科目にできれば確実に安定して医学部受験で高得点を獲得できます。物理を得意科目にする方法について、東大医学部講師20名超が分析した医学部物理を攻略するための勉強法と受験対策についてお伝えしています。

物理勉強法と対策を東大医学部講師20名超が分析。 東大医学部講師20名超を擁する(株)合格の天使が医学部絶対合格を期す受験生にお贈りする 医学部に合格するための物理勉強法と受験対策です。

【医学部受験】物理勉強法と対策を東大医学部講師20名超が分析


東大「医学部」「理三」合格者20名超の物理勉強法と受験対策


物理を得意科目にするための勉強法をお伝えしています。 東大「医学部」「理三」合格講師20名超を擁する(株)合格の天使が全国の受験生におくる物理勉強法です。優れた物理勉強法を得て的確な医学部受験対策をしてください。

物理勉強法というのは世の中に沢山あります。 しかし、実際に大学受験物理を極め本当に試験本番で高得点を獲得したという 結果に実証されている勉強法というのは極めて限られています。 さらに、どこの大学の物理の問題でも解きうるという実力を効率的かつ 確実につけた物理勉強法となるとほとんど存在しません。

本当に優れた的確な物理勉強法であるならば、限られて受験期に実際にそれを自分で実践し、圧倒的結果が伴っているはずです。 そしてその勉強法こそが誰が実践しても物理を得意科目に出来る物理勉強法です。 偏差値をいくつからいくつにしたなどということは誰でも何とでも言えます。 しかしそのことと大学受験物理で実際に高得点を獲得している事とは別なのです。

この物理勉強法のコンテンツでは圧倒的結果に検証・実証された物理を得意科目にするための勉強法をお伝えします。 東大理三合格講師20名超を擁する(株)合格の天使が全国の受験生におくる物理勉強法です。 優れた物理勉強法を得て的確な大学受験対策をしてください。

【物理勉強法】東大「医学部」「理三」合格者20名超の受験対策



医学部化学勉強法と受験対策


医学部絶対合格を期す受験生にお贈りする医学部に合格するための化学勉強法と医学部化学受験対策の無料コンテンツを以下ご紹介します。

化学勉強法と対策を東大医学部講師20名超が分析


医学部受験において化学でいかに得点できるかが合否を分けます。化学はほとんどの医学部受験生が選択する科目です。化学を得意科目にする方法について、東大医学部講師20名超が分析した医学部化学を攻略するための勉強法と受験対策についてお伝えします。

医学部受験において化学を選択する受験生は最も多いと言えるでしょう。 そして、理科科目の総合得点は合否を分けます。 化学を含めた理科を重視している医学部もたくさんあります。 化学を得意科目にする方法について、 当塾が誇る、受験化学を極めた東大医学部(理三)合格講師20名超による 医学部化学を攻略するための勉強法と受験対策についてお伝えしています。

【医学部受験】化学勉強法と対策を東大医学部講師20名超が分析


東大「医学部」「理三」合格者20名超の化学勉強法と受験対策


化学を得意科目にして医学部に合格するための勉強法をお伝えしています。東大「医学部」「理三」合格講師20名超を擁する(株)合格の天使が全国の受験生におくる化学勉強法です。優れた化学勉強法を得て的確な大学受験対策をしてください。

化学勉強法と称するものには様々あります。しかし、圧倒的結果に実証されている化学勉強法だからこそ意味があるのです。「化学勉強法」というものは巷にあふれています。 しかし、実際に大学受験化学を極め、入試本番で高得点を獲得したという 結果に実証されている化学勉強法というのは極めて限られています。 さらに、どこの大学の化学の問題でも解きうるという実力を効率的かつ 確実につけた化学勉強法となるとほとんど存在しません。

本当に優れた的確な化学の勉強法であるならば、限られて受験期に実際にそれを自分で実践し、圧倒的結果が伴っているはずです。そしてその勉強法こそが誰が実践しても化学を得意科目に出来る化学の勉強法です。偏差値をいくつからいくつにしたなどということは誰でも何とでも言えます。 しかしそのことと大学受験化学で実際に高得点を獲得している事とは別です。

この化学勉強法のコンテンツでは圧倒的結果に検証・実証された化学を得意科目にするための勉強法をお伝えします。 東大「医学部」「理三」合格講師20名超を擁する(株)合格の天使が全国の受験生におくる化学勉強法です。優れた化学勉強法を得て的確な大学受験対策をしてください。

【化学勉強法】東大「医学部」「理三」合格者20名超の受験対策



医学部生物勉強法と受験対策


医学部絶対合格を期す受験生にお贈りする医学部に合格するための生物勉強法と医学部生物受験対策の無料コンテンツを以下ご紹介します。

医学部生物勉強法|東大医学部合格講師が教える15項目の対策


医学部に合格するための生物勉強法です。 30名超の東大医学部講師を有する叡学会(株)合格の天使がお贈りする医学部受験生のための生物勉強法と対策のコンテンツです。是非役立てて医学部生物を攻略してください!

世の中には実際に受験科目として生物を勉強していないのみならず、医学部に合格していない、医学部に合格する生物の実力など全くないのに勉強法を語るものが沢山あります。このようなものが的を射た勉強法や対策でありはずはないことは本来自明です。

このコンテンツは、30名超の東大医学部講師を有する叡学会(株)合格の天使が全国の受験生にお贈りする確固たる受験結果と検証に基づいた医学部受験生のための生物勉強法と対策です。是非役立てて医学部生物を攻略してください!

【医学部】生物勉強法|東大医学部合格講師が教える15項目の対策


東大「医学部」「 理三」合格者の生物勉強法と受験対策


生物を得意科目にして医学部を突破してください。 受験生物を極めた東大医学部・理三、理二首席合格講師による医学部に合格するための生物勉強法と対策のコンテンツです。

当塾が合格の天使が誇る東大医学部(理三)合格講師、東大理二「首席」→東大医学部講師及び都立トップ高校「首席」合格⇒東大理二合格講師による医学部に合格するための生物勉強法と受験対策をお伝えしています。

医学部に合格するためには理科科目でしっかり得点したいです。是非参考にして医学部合格をつかみとってください。

【生物勉強法】東大「医学部」「 理三」合格者の受験対策



【医学部受験】大学入学共通テストの社会科目の勉強法と科目選択の方法


医学部の合格点に影響を与える大学入学共通テストの社会についての勉強法と科目選択の方法について解説します。 社会科目で9割超~満点を獲得している東大医学部(理三)合格講師の分析による大学入学共通テストの世界史、日本史、地理、倫理政経の性質を踏まえ、 戦略的な勉強法と科目選択の仕方について以下のコンテンツから学んでください。

医学部を志望する受験生の多くは大学入学共通テストの社会科目である、 世界史,日本史,倫理政経,地理の4科目の中から1科目を選択することになります。

社会科目について、実際にどの科目を選択すべきかは、科目特性、出題特性、得点のしやすさという客観的な性質に加え、 共通テストでどの程度の得点が必要か、個人個人どの程度共通テスト社会科目に時間をさけるか、 等様々な要素を考慮して決定するのがベストです。

以下のコンテンツでは、共通テストの社会科目についてどの科目を選択すれば効率よく得点できるか、 受験戦略上有利かを含め解説し、世界史、日本史、倫理政経、地理の具体的な勉強法と対策 について解説しています。

【医学部受験】大学入学共通テストの社会の勉強法と科目選択の方法



医学部に合格する受験勉強計画のポイントと4つのサンプルプラン


医学部に合格するためには受験勉強計画が非常に大事になります。 受験勉強計画を立てる際のポイントと国公立医学部、私立医学部別の4つのサンプルプランを解説します。 医学部に合格するための効率的な受験勉強計画の立て方を学んでください。

医学部合格は受験全教科を高いレベルでマスターしなければ実現できません。厳しい争いです。この厳しい争いを制するには日々の受験勉強を出来るだけ効率的にかつ受験全教科のバランスを考えて効率的にこなさなければなりません。このために必要となるのが受験勉強計画です。

ただし、一口に医学部と言っても国公立医学部と私立医学部では勉強計画は当然異なります。また国公立医学部の場合であっても国語が2次試験で課される大学を受験するか否かで勉強計画異なりますし、私立医学部の場合は理科が1科目の大学を受験するのか2科目の大学を受験するか否かで勉強計画は異なります。これらの点を含め解説していきます。

医学部に合格する受験勉強計画|計画のポイントと4つのサンプルプラン



東大医学部講師による鉄壁の医学部受験対策



以下の各コースのページには、以下の項目を詳細に説明し、受講料を明記してあります。

1.指導の流れ&内容
2.医学部合格への3大戦略
3.当塾指導の3大アドバンテージ
4.驚異的合格率を誇る指導の3大ポイント
5.驚異的合格率を叩き出す指導の6つの秘密
6.指導比較 1|予備校・塾の指導 VS 当塾の個別指導
7.指導比較 2|一般の個別指導・家庭教師 VS 当塾の個別指導
8.合格の天使の個別指導 受講生の感想
9.合格体験記
10.まとめ|他指導を凌駕する圧倒的実力・充実指導を実現した個別指導塾
11.受講料&お申し込み

 ネット塾 医学部コース

医学部受験の個別指導ネット塾なら合格の天使

医学部へ驚異的合格率を誇る医学部受験の個別指導ネット塾(WEB個別指導)
ネット塾 医学部コース

 リアル塾 医学部コース

医学部受験の個別指導リアル塾なら合格の天使

東大「理三」合格講師の個別指導と講義が受けられる鉄壁の医学部対策を可能とする個別指導塾
リアル塾 医学部コース



※役立ったコンテンツがありましたらお友達や先輩、お知り合いに情報をシェアしてあげてください。以下のシェアボタンを押せば簡単にシェアできます。

Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEで送る
Google+でシェア
はてなブックマーク


◀ コンテンツトップページへ戻る

◀ 公式サイトトップページへ戻る